トークカフェ『ロミオとジュリエット』を読んでみる

いろいろいろトークカフェ『ロミオとジュリエット』を読んでみる。を開催します。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

{日時}

(前編)2019.1/11(金)19:00~21:00

(後編)2019.1/13(日)13:30~15:30

※どちらか一方だけの参加でもOKです。

{会場}

藁工ミュージアム展示室(高知市南金田28)

{料金}

1,000円(前後編、テキスト代含む)

{講師}

関良子(高知大学人文社会学部 准教授)

{ご予約・お問合せ}

参加申込みは、フォームから

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

2019年1月25日(金)、高知県立美術館にて上演される、

じゆう劇場「『ロミオとジュリエット』から生まれたもの」プレイベントとして企画します。

 

・バルコニーのシーンは知っているけれど、他はあまり知らない・・・。

・古典作品、シェークスピアを一度は読んでみたい。

・戯曲って登場人物がたくさんいて混乱する!

・誰かが読んでいるのを横で静かに聴いてみたい。

 

そんな方、どうかご参加ください!

ルールは簡単。参加者は台詞の順番で、ただ声に出して戯曲を読んでいきます。

大きな声、小さな声、ゆっくり、早く、思うがまま感じるままでOK。正解はありません。

大切なのは、この機会に往年の作品に少しでも触れ、

声に出して読むことの豊かさを楽しむこと。

そして本棚にシェークスピア作品が加わるということ(←これ大事!)。

 

また今回は、関良子先生(イギリス文学研究者 高知大学人文社会学部 准教授)に

戯曲に書かれている歴史や文化、シェークスピアその人についてなどをレクチャーいただきます。

知ってから読むことで、より戯曲を味わえること間違いなし!

 

一人よりも二人、三人でご参加ください。きっと楽しい時間になるはずですよ。

 

じゆう劇場とは、

http://www.birdtheatre.org/birdeyedeereye/archives/131/

 

 

 

 

Please reload

お問い合わせ|theatertacogura@gmail.com 高知市南金田28 多目的ホール蛸蔵

  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now