開館25周年記念 パイロットセミナー 地域のアトリエ #01 老いと演劇「OiBokkeShi」 介護と演劇は相性がいい!

 

開演日時:2018年

10月23日(火)演劇公演
19:00『ポータブルトイレットシアター』

(上演約70分+トークなど約40分)

 

演出:菅原直樹

出演:岡田忠雄、金定和沙、菅原直樹
特別出演:藤岡武洋(シアターTACOGURA)
トーク進行:藤原ちから
会場:高知県立美術館ホール 
料金:一律1,000円(当日販売のみ|予約不要)

 

演劇は介護生活をハッピーにするワークショップ?! 

現在、認知症の妻を在宅で介護するOiBokkeShiの看板俳優"おかじい"こと岡田忠雄(御年92歳)と、劇団を主宰する菅原直樹の自伝的な演劇作品。おじいさんが演劇と出会い、演じる知恵を介護に活かしはじめ、演劇に生きがいを見出していく、という物語を軸に、人と人との関係を結び直す演劇的なヒントに着目していきます。終演後は「老いと演劇」の誕生から日々の活動について聞くトークを行います。

*出演者の体調により内容が変更になる場合がございます。ご了承ください。

10月24日(水)アトリエトーク

10:00「介護で役に立つ演劇の発想」

 

介護と演劇は相性がいい!をモットーとするOiBokkeShiの活動紹介をメインに、演劇のフィルターを通すことで介護の現場が豊かになる認知症ケアなど、目からウロコの演劇の知恵についてお話します。

19:00「地域とアート・演劇・ダンス」

歩き慣れた道。馴染みの顔に商店街。ありふれた日常にアーティストが密接に歩み寄るとき、地域はとある「舞台」へと様変わりします。地域に非日常を持ち込み、上演し、観劇する行為とは?菅原直樹と藤原ちからが実演した過去の事例をもとに、これからの可能性について話し合います。

 

登壇:菅原直樹、藤原ちから

会場:高知県立美術館・講義室(1F)

料金:無料(予約不要|先着順|各回定員50名)

10月25日(木)上映会+公開ワークショップ

10:00『カメラマンの変態』(45分)+老いと演劇の公開ワークショップ(90分)

 

映像:南方幹

作・演出:菅原直樹

映像出演:岡田忠雄、ポール・エッシング、申瑞季(青年団)

ワークショップ講師:菅原直樹

会場:高知県立美術館ホール

料金:一律1,000円(当日販売のみ|鑑賞のみOK|公開ワークショップは定員30名・参加希望者のみ要事前申込|10/1より受付開始)

 

『カメラマンの変態』とは、91歳の老人とオーストラリア人の介護職員が「エロス」を追い求める介護劇。2018年1月に岡山県美作市の特養ホーム蛍流荘で上演した本作を、映像作家・南方幹が映像化。上映会のあとには、実際に「老いと演劇」を体験する公開ワークショップを行います。

 

◎入場料は、それぞれ当日に美術館ホール受付にてご精算ください。

主催・企画・制作:高知県立美術館
キュレーション:藤原ちから
制作協力:「老いと演劇」OiBokkeShi
協力:シアターTACOGURA
イラスト:あさののい
宣伝美術:hi foo farm

 

平成30年度第68回高知県芸術祭共催行事

 

お問い合わせ・公開ワークショップお申し込み先

〇高知県立美術館・企画事業課
TEL 088-866-8000 FAX 088-866-8008

イベント詳細はこちらからhttps://moak.jp/event/performing_arts/_atelier01_oibokkeshi.html

Please reload

お問い合わせ|theatertacogura@gmail.com 高知市南金田28 多目的ホール蛸蔵

  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now